ホワイト企業のブラック部署

ホワイト企業のブラック部署

こんにちは、ちかです(*^▽^*)

最近、頻繁に図書館に行って好きな本を読み漁っています。

そんな中、気になったワード【ホワイト企業のブラック部署】という言葉があったので、皆さんにご紹介したいと思います。

 

ホワイト企業→大企業で、そこそこのお給料をもらえて、福利厚生もよく、残業も多くない

ブラック企業→中小企業で、残業時間に見合わない給料で働かされる

 

みなさん、世間の企業のイメージってこんな感じではありませんか?

でも、ホワイト企業に入社しても、全ての人が甘い蜜を吸えるわけではありません。

 

こんな話をしている私自身が、ホワイト企業のブラック部署に所属しています。

企業としては、完全にホワイトだと思っています。産休・育休・有給は取りやすいし、お給料も低くない。

では、なぜブラック部署なのか?

会社にとって重要機関であり、その部署の仕事が滞ると困る部署がいくつかあります。

例えば、人事部、経理部、顧客様からのコール対応部署など。。。

このような部署に所属している方々は、楽しそうに仕事をこなしている人はほとんどいません。

なぜなら、残業しても業務が終わらない、時間に追われて作業するプレッシャーを抱えているからです。

 

営業部署の方々は、顧客様のところに出向き契約をとる、あるいは継続するなど、会社の売上を持ってきてくださるので、花形です。営業なのにノルマ無し。契約の後処理や細かいお金の管理等は他部署へ丸投げ状態。

 

私が所属する部署は、他部署のミスを(金銭的)どのようにカバーしたらよいかという相談や、システムに誤登録した顧客に請求書を送付してしまったなどの、対応策を経理に相談することになっています、

他部署の社員のミスのカバーです。内容よっては税理士、会計士に相談しなければならない案件もあります。

おまけに決算月となると、社内のミスをカバーする余裕も人員もありません。

ひらすら死んだ目でパソコンに向かっているのです。ひどい時だと11:30超えていたこともありました。

 

他の同期社員からも経理は異質な部署。と言われるくらい他部署と雰囲気が違うみたいです。

ずっとこの部署で働いてきたので、色んな意味で人間を信用できなくなり、仕事に対するモチベーションはなくなり、負の感情をもつことが増えてきました。

長くなりましたが、大企業だからといって安心しないでください。

そのブラック部署に配属されてしまったら、早く別部署への異動を検討してください。

以上、経験者からの助言でした。