家計簿つけるだけじゃ、もったいない!~PDCAサイクルで貯蓄体質へ~

家計簿つけるだけじゃ、もったいない!~PDCAサイクルで貯蓄体質へ~

こんにちは、ちかです(*^▽^*)

絶賛節約中の私は、図書館で”お金”にまつわる本を読み漁っています。

その本は共通して、”家計簿をつけるだけで満足してはいけない”と記載しています。

ギクリとしたのは、私だけではないはずです。

一緒にPDCAサイクルを回して、貯蓄体質を目指しましょう(/・ω・)/

 

PLAN:貯金の目標金額、支出の予算を決める

まずは、いくら貯金をしたいのか目標を決めましょう。

毎月いくら貯金するという具体的な数字を決めたほうが、節約意識も高まります。 

 

具体的な貯蓄金額が決まれば、後はお給料からその額を除いた金額が、使える金額(=支出)になります。

支出額が決まったら固定費を差し引きます。残りが変動費に使えるお金になりますね。

食費、日用品費、交際費、ガソリン代等、、、それぞれの予算を決めましょう。

 

ここで注意したいのは、達成が難しい金額を目標にしないこと。

ストレスがたまり、リバウンドや挫折してしまう可能性があるからです。

 

我が家も現在、来年の貯蓄目標金額の計画策定中です。(あと3カ月もしたら、新年か・・・)

今年は計画を立てずに、10月まで来てしまいました( ;∀;)

DO:家計簿をつけ、節約を意識しながら生活する

家計の把握は最重要事項です!

今は家計簿アプリでレシートを撮影するだけで集計してくれる便利な機能もあります。

1円単位までとはいいませんが、支出の傾向を把握しなければ、貯蓄体質になるのは難しいです。

 

家計簿を継続するコツは、その都度入力することです。

1か月分をまとめて入力・集計するのは、かなり面倒です。

一日の終わりに、その日使用した金額をアプリに入力しておくことをお勧めします♪

 

ちなみに我が家はZaimというアプリを使用しています。

レシートを撮影するだけで入力してくれるので、重宝しています。

アカウントをまぁさんと共有しているので、お互い使ったら入力するスタイルで、家計把握をしています!(^^)!

CHECK:支出金額と予算との差額を確認し、差額の要因を振り返る

家計簿を付けたら、振り返りをしましょう。

PLANで定めた支出金額の予算と照らし合わせて、どんな項目がオーバーしたのか、あるいは達成したのか。

オーバーした金額については、改善策を考えて、次月に活かしましょう☆

 

改善したとしても予算内に収まらない場合は、PLANに無理がある場合がありますので、計画から立て直してみるのもOK!

 

お恥ずかしながら、我が家は振り返りがうまく出来ていません。

支出がオーバーした、予算内だったのを確認しただけで、次月に活かせていないのです( ;∀;)

貯蓄体質になるために、毎月少しずつ練習していきたいと思います!

ACTION:要因を解決しながら、生活する

改善策が定まったら、意識して生活しましょう。

そして、1カ月たったらまたCHECKする・・・これを繰り返していけば、きっと貯蓄体質家計になれるはず(/・ω・)/

 

最後に・・

私達夫婦もまだまだ、このサイクルを回せていません( ;∀;)

今後、計画や結果など報告できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。